目次へ
ゴーグルをつけた女性
© Cavan Images / Westend61
分野

ライフサイエンス

バイオテクノロジー、製薬、医療技術:オーストリアのライフサイエンス産業は、最適なネットワーク、国際的な研究、成長する企業環境が特徴です。

お問い合わせはこちら

オーストリア ライフサイエンスの
トップレベルの中心地  

オーストリアは、欧州のライフサイエンス界で最も重要な拠点の一つです。中小企業と多くの国際的な企業。Biotech、Novartis、Ottobockなどの大企業をはじめ、バイオテクノロジー、製薬産業、医療技術分野から合計900社以上が参加しています。特に、がん研究、遺伝子治療研究、医療製品といった強力な分野では活発な動きがあります。 

生産、供給、サービス提供の各企業間の高度なネットワークがあるため、オーストリアは国際的な研究が行われる優れたライフサイエンス拠点となっています。また、ライフサイエンス部門はGDPの7%を占め、国の粗付加価値に大きく貢献しており、高い技能を持つ6万人以上の雇用を生み出しています。 

オーストリアはビジネス拠点としていくつかの利点を備えています。優れたインフラストラクチャー(研究施設を含む)と高い技能を持つ意欲的なスタッフが待機しています。データやドナーが入手しやすいオーストリアは、医学研究に理想的な場所です。さらに、研究プレミアムや強力な助成体制も整備されています。2022年、オーストリアは製薬・ライフサイエンス企業向けに新たに5,000万ユーロの助成プログラムを開始しました。このプログラムでは臨床研究にも助成が提供されます。 

20.5 %
生命科学研究比率
1000
バイオテクノロジー、製薬、
医療機器分野の企業数
(6万人の従事者)
24294
55の研究機関の研究者数
77366
ライフサイエンスを学ぶ学生数

ライフサイエンス パンフレット

すべての情報をまとめてご紹介:研究・開発に関する基本情報、ヒント、お問い合わせ先。

ダウンロードはこちら

ライフサイエンス分野の強み
一覧

オーストリアのライフサイエンス:
多くの可能性を持つエコシステム  

  1. 01

    治療、医療技術、診断分野の企業やスタートアップ企業が、ダイナミックな研究環境を形成しています。ウィーンでは、2社に1社の割合でバイオテクノロジー企業が活動しています。重要な重点分野は、腫瘍学、神経学、ワクチン、免疫学、精密医療、eヘルスです。 

  2. 02

    ライフサイエンス分野はとりわけ革新的です。研究費率は20.5%と最も高く、GDPに占める割合は7%です。国内のライフサイエンス企業は、年間10億ユーロ近くを研究開発に投資しています。これは、民間企業の研究開発投資のほぼ6分の1のユーロ金額に相当します。 

  3. 03

    優れた医療システム、世界的に有名なクリニック、優れた研究施設。医療技術分野でのオーストリアの立地における優位性は、極めて明確です。550社を超える医療技術関連企業が、特に電気機械医療技術、ソフトウェア開発、デジタルヘルスに注力しています。  

  1. 04

    数十年にわたる研究の中心的目標は、 「がんに打ち勝つこと」です。ウィーン医科大学とウィーン総合病院の包括的がんセンター(CCC)は、この2つの機関のすべての従事者グループをネットワークで結んでいます。このようにCCCは、がん患者のための有能で学際的な医療と、最高学術レベルでの臨床および基礎科学研究、教育を組み合わせています。 

  2. 05

    創造的で学際的なエコシステムがオーストリアの成功の秘訣です。一流の研究者とシリアルアントレプレナー(連続起業家)が肩を並べて仕事をしています。地域に密着したクラスターやコンピテンスセンターは、科学と企業の協力を促進しています。これには、LISAvienna、Vienna BioCenter、Life-Sciences-Cluster Tirol、ヒューマン・テクノロジー・クラスターHuman.Technology.Styria、Technopol Kremsなどが含まれます。 

  3. 06

    オーストリアでは、計55の大学、専門大学、大学以外の研究機関が、ライフサイエンスの分野で活躍しています。  21,000人以上の従事者が研究・教育に携わり、才能を秘めた約67,000人の学生がライフサイエンス分野を学んでいます。研究機関のライフサイエンス予算は、合計16億1,000万ユーロです。こうした枠組み条件は、トップニュースとなるような研究成果を通じて、目に見える形で具体的に示されます。 


サクセスストーリー

Pfizer

2020年、PfizerとそのパートナーであるBioNTechは、最初のCovid-19ワクチンを記録的な速さで使用可能にすることができました。Pfizerはオーストリア最大の製薬会社のひとつでもあり、オルト・アン・デア・ドナウにある製造拠点で、世界中に輸出するワクチンを年間約1,450万回分製造しています。 

サクセスストーリーの全容はこちらからご覧いただけます。

他の革新的な業界と比較して、ライフサイエンス業界は極めて革新的で、研究率も高く、国の価値創造に大きく貢献しています。

Dr. Robin Rumler Country Manager Pfizer Corporation Austria (till 2022)
© Pfizer Corporation Austria GmbH
© Pfizer Corporation Austria GmbH

ご存知でしたか...

ウィーン医科大学は、長年にわたり四肢再建の分野で世界をリードしてきました。2011年、ある事故の後、最初の患者が「バイオニック・ハンド」を施術されました。それ以来、失われた身体機能を回復させるために、多くの画期的なアプローチが治療に加えられてきました。

...ウィーン総合病院(AKH)は世界で4番目に大きな病院です。


ABAのサービス

ABAにお任せください 

協力・研究パートナーをお探しですか、または研究助成の申請をお考えですか?
ABAは企業や研究センターを紹介し、申請手続きをお手伝いします。 

今すぐご相談の予約をどうぞ

ダウンロード

すべての情報をまとめてご紹介:研究・開発に関する基本情報、ヒント、お問い合わせ先。

ライフサイエンス パンフレット (EN)

研究拠点としてのオーストリア。
山をも動かす革新性
メインナビゲーションへ